読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松Ruby会議01(Hamamatsu RubyKaigi 01)

浜松Ruby会議01の情報ブログです

浜松Ruby会議はプログラミング言語Rubyを軸としたカジュアルなカンファレンスです。プログラミング言語の専門的な話だけでなく、ITと教育、地域コミュニティ、働き方など、さまざまなセッションがあり、どなたでも参加できるイベント%%です%%でした。無事終了しました。沢山のご参加、UStream視聴ありがとうございました。

公式サイト / 参加申し込みサイト(終了しました)

浜松駅から会場に行く方法

f:id:hmrk01:20150324004946j:plain

(↑の画像がおどろおどろしいのは、アクトタワーとその東にある会場の関係がわかる画像がこれしかなかったからです。側面の窓に夕焼けが映って美しかったので撮ったものでちょっと暗いのでした)

 

今回はJR浜松駅から会場への道のりを案内します。

浜松駅のすぐ近くなので楽勝と考えていると危険です。実は浜松駅のコンコースから会場までは400m近くの距離があります。上野-御徒町くらいの距離があります。もう少しわかりやすく言うと、戦艦大和の艦首から艦尾までを歩いている感じです。

場所が分かっていればJRの改札を出て徒歩10分で会場に着くので楽勝なのですが、知らなければ迷います。アクトシティのWebの案内が丁寧で、画像もあるので地図が読める方にはオススメです。駅から会場までは雨に濡れずに行けます。
http://www.actcity.jp/floor/seminar/access.php

地図を見ても分からない場合は……要注意です。実は今回の「浜松Ruby会議01」の会場である「研修交流センター」は、浜松人でも知らない人が多いのです。なので、もしも「研修交流センターってどこですか?」って道行く人に聞くと、全然違う場所を案内されるかもしれません。

アクトシティの場所は浜松にくればすぐに分かります。浜松市内であれば10km先からでも見える45階建てのアクトタワーを目指せば良いのです。ですが、アクトシティーは、音楽ホールからアクトタワー、飲食、ショッピングなど各種の施設を含んだ場所なので、行き先が分かっていないと迷子になります。

迷ったら「楽器博物館はどこ?」と聞いてみてください。研修交流センターは楽器博物館の建物の上階です。(会場は6F)

(なお、お車でお越しの方は、アクトシティーの地下の駐車場または周辺の駐車場が利用できます。)

 

書いた人: @chuii